消費者金融・銀行は自営業、無職でもお金を借りれるのでしょうか?

無職や自営業でも銀行や消費者金融でお金を借りることが出来るのか?

アイフルのお申し込みはこちら

 

自営業、無職の人は融資を受けられない?

 

融資を受けたいと思う人には様々な職業の方がいます。
中には自営業や無職の人も融資を受けたいという方がいらっしゃると思います。

 

しかし、融資を受けるには安定した収入が条件となるというイメージがあります。
毎月安定した収入が得られる職業でないと審査に合格しないのではないか・・・
こんなことを考えて消費者金融の審査を受けにくく思う人は多いのではないでしょうか。

 

では、本当に自営業を営んでいる方や今のところ無職の方は融資が受けられないのでしょうか。

 

 

条件を満たせば審査には合格できる!

 

確かに、安定した収入があることは審査に合格するための条件となっています。
とはいうものの、その条件にあっているかどうかを職業から判断するのではありません。

 

どう言うことかと言うと・・・

 

「職業・・・自営業・・・この人は収入が安定してない!不合格!」

 

こんな感じで、職業で収入が安定しているかどうかを判断しているわけではないということです。

 

毎月、一定以上の収入が認められれば審査には合格します。
どれくらいの収入なのかは各金融期間が判断することなのでここではお答えできません。

 

 

自営業の人がお金を借りるには?

 

自営業の方がお金を借りる際には、金融機関側が利用者に安定した収入があるかどうかを審査します。
その際に、利用者には収入証明書類の提出を審査時に求めてきます。

 

収入証明書類とは確定申告書の写しや源泉徴収書の写しや給与明細の写しなどが該当します。
このうち、自営業を営む方でしたら確定申告をされていると思われますのでこれの写しを提出するのです。

 

この書類審査を経て、利用者に安定した収入があることが証明されされれば審査に合格する可能性が高まります。自営業を営む方でも融資を受けることが可能です!

 

 

無職の人がお金を借りるには?

 

残念ながら、完全に無職で収入が一切無い方は審査を合格することが出来ないでしょう。
何らかの形で収入がないと金融機関の条件を満たすことは出来ません。

 

無職の方は、まずアルバイトをすることで、安定した収入があることを金融機関に示すなどしなければなりません。
正社員にならずとも毎月一定の収入があれば条件は満たせるので最初はアルバイトや非正規社員でも構わないのです。

 

まずはアルバイトなどを探し、毎月収入を得る方法を実践しましょう。
そうすることによって、融資が可能になります。

 

★まとめ
上記の内容を実践していただければ、自営業・無職の方でも消費者金融の審査などに合格する可能性がでてきます。
まずは自分に一定以上の安定した収入がある、ということを金融機関に示せばいいのです。
審査に向けた準備をすれば自営業や無職の方でも融資を受けるチャンスがあります!

 

準備が終わったあとは、金利や返済方法などが自分に合った金融機関のキャッシングサービスを探す必要があります。
キャッシングに関する情報サイトはこちらになります。

 

[詳細はこちら]

 

 

 

今すぐお金が必要な時※どうしてもお金が欲しい方へトップページへ